40代で家を購入する事はどのようなリスクがある? - 新築住宅購入のメリットやデメリット


   
 

40代で家を購入する事はどのようなリスクがある?

40代家購入する事を考えている知人がいます。
その方は、妻と子供2人の4人家族です。
妻は、パートの収入で子供は小学生と中学生で、これから学費が必要になる時期だと言っていました。

40代ともなれば、収入もある程度あると思います。
いずれ購入する事を考えていたのであれば、それなりの貯蓄もしてきたのではないでしょうか?
しかし、子供の養育費などを考えると、貯蓄すべてを住宅の為に使うこともできないでしょう

やはり、住宅ローンは必要になってくると思います。
ただ、40代という事なので定年までは20年程度です。今後、定年の年齢が延びたとしても働ける期間はには限りがあります
住宅ローンを組んだ場合、早期に返済できるように繰り上げ返済を返済計画に入れておきたいものですね。

あと、リスクとなると年齢が年齢なので、病気の可能性が考えられます。
病歴等があると、審査に通らない恐れも出てきます。
団体信用生命保険に加入義務のない、フラット35などがありますが、万が一のことを考えるとまだ子供も小さいのでリスクが大きすぎますexclamation×2
で、生命保険等に加入しているのであれば、問題がないと思うのですが・・・

出来れば、ローンなしで家を購入できる事が一番リスクが少ないと考えられますよね。
もし、住宅購入資金がまだ不足しているのであれば、現在の住まいが賃貸だそうなので、家を購入する資金が貯まるまで、そのまま賃貸でいる方がいいのかなとも思います



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


Copyright © 新築住宅購入のメリットやデメリット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。