20代で家を購入するためには!? - 新築住宅購入のメリットやデメリット


   
 

20代で家を購入するためには!?

20代家購入するためには、どのようなことが考えられるでしょうか?

20代といえばまだ、社会人として働き出して間もない頃だと思います。
その為、貯蓄には期待できませんexclamation
ほとんどすべてが住宅ローンになると思います。
家を購入する頭金もたぶん用意できないでしょうふらふら

私も、20代で家を購入しましたが、結婚したてで結婚式の費用にお金を使ってしまい、住まいの為に出す資金はありませんでしたがく〜(落胆した顔)
ほとんどが住宅ローンとなりましたが、頭金として必要な諸費用などは、両親からの援助に助けられました。

親からの援助は、金額によって贈与税の対象となります。
しかし、相続時精算課税制度特例などを利用すれば、3500万円までの贈与が非課税になったと思います。
なので、ほとんどの場合税金はかかりません。

しかし、このような制度を利用するためには、申告をしなくてはいけません!
この申告をすることを忘れる人が多いようなので、注意が必要ですexclamation×2
せっかくの、優遇措置なので忘れずに利用したいものです。

万が一忘れてしまうと、高額な贈与税の支払いをしなくてはいけません
贈与税の控除額は、確か110万円でそれを超えた金額の10%が税金になったと思います


最終的には働き出して間もないという事で、住宅ローンを組めるかどうかにかかってくると思いますが、審査に通らなければ、どうしようもありませんあせあせ(飛び散る汗)
私の場合、子供もおらず、夫婦共働きという事もあり、収入を合算して審査を受けました。
それでも、いくつかの銀行には融資を断られましたもうやだ〜(悲しい顔)

やはり勤続年数が少ないとハードルは高くなります
無理をして家を建ててローンを組むと、後々返済が厳しくなるので、借入額を少しでも減らせるように、まとまった資金が用意できてからでも遅くないのではと、今ならそう考えます



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


Copyright © 新築住宅購入のメリットやデメリット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。