住宅購入には諸経費の計算が大切! - 新築住宅購入のメリットやデメリット


   
 

住宅購入には諸経費の計算が大切!

住宅購入諸経費には、どのようなものがあるのでしょうか?
税金各種手数料、その他いろんな費用が必要となってきます。
それらの諸経費を計算することによって、頭金などの目安になると思います。

住宅購入には、印紙税登録免許税不動産所得税固定資産税都市計画税などの税金や仲介手数料や住宅ローンを組む際に発生する各種諸費用が必要になってきます。
この中には、住宅ローンの契約前に支払いをしないといけないものもあるので、計算をしておいた方がよいと思います。

しかし、最近では住宅ローンを組む前に発生する諸経費などが、ローンを組めるようになっていると思います。
そちらを使うのも一つの選択肢だと思いますが、金利が住宅ローンよりも高めに設定されているので、住宅購入をすることはすんなり出来ても、後々の負担が増えてくるデメリットはあります

また、新築などで家を購入するとカーテン家電家具などを購入する費用が必要になってきます。
さらに、外構工事をするとなるとかなりの金額にexclamation×2
あらかじめ家の諸経費とは別で、用意をしておく方がよいと思います。

私の家の場合、家電、家具、外構工事、カーテンなどの費用で、450万円程度が必要だったと思います。
特に外構費用は、200万円程度と高額でかなりの負担となりました。
一度に支払いをしたわけではありませんが、前もってこれらの費用の計算はしておき準備しておくことが大事だと思いますひらめき




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


Copyright © 新築住宅購入のメリットやデメリット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。