住宅購入に必要な頭金はいくら!? - 新築住宅購入のメリットやデメリット


   
 

住宅購入に必要な頭金はいくら!?

住宅購入をするには、どれくらいの頭金を準備する必要があるのでしょうか?
新築を購入する場合、住宅ローンを組むと思うのですが、ローンを組むまでの間に何かと支払わなくてはいけないものや税金などの諸費用が発生いたします。

たとえば、登記費用や、火災保険不動産取得税などが必要になってくると思います。
その他にも、確認申請の手数料水道メーターの負担費用放流同意負担金、や地盤調査の費用なども必要だったと思います。

私の場合、これらの諸費用は、頭金として用意したお金で支払いをしたように記憶しています。
10数年前の事なので、はっきりと覚えていまいのですが・・・ふらふら

いまでは、頭金なし住宅購入と謳われて家を販売していますが、要するに諸費用の支払い分を住宅ローンとは別に新たなローンを組むと言うことだと思います。
この諸費用のローンは、住宅ローンの金利よりも高いグッド(上向き矢印)ので、利息が多くなるので私的にはどうなのかなという感じです。

住宅購入を考えるのであれば、頭金としてある程度の貯蓄をして、諸費用が支払える程度になってからでもよいと思います。
新築住宅を手に入れてからは、それでなくとも引越しの費用や意外と高いカーテン代に、家具家電製品代が必要になってきます

家の外構代も住宅に含まれていなければ、必要になってきたりしますひらめき
我が家もそうでしたが、これには非常に高額なお金が必要になってきますexclamation
見栄え家ぴかぴか(新しい)良くしたければ特にですexclamation×2

なので、家の購入資金として、ある程度のお金を貯蓄してから考える事をオススメしたいですひらめき


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


Copyright © 新築住宅購入のメリットやデメリット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。