住宅購入の為の自己資金はいくら用意すればいいの! - 新築住宅購入のメリットやデメリット


   
 

住宅購入の為の自己資金はいくら用意すればいいの!

住宅購入でよく悩まれるのが、初めに用意する自己資金をいくら用意するとよいのかという事!
自己資金は、あればあるだけよいと思うのですが、なかったらどういう所が困るのかを書いていきたいと思いますexclamation

まずは、住宅購入をハウスメーカーで購入するときに、何かと支払いが発生します。
諸費用と言われるものですが、こちらは現金で支払わなければいけない事が多かったと思います。

しかし最近では、この諸費用もローンとして融資してもらえるそうなので、実質0円の頭金なしで住宅購入が出来てしまいますわーい(嬉しい顔)
ただ、諸費用のローンというのは、住宅ローンの金利と違い高いグッド(上向き矢印)のがデメリットですふらふら
できれば、ある程度の自己資金を用意する方が後々の事を考えると、有利だとは思います。

その他にも、住宅ローンの諸費用が必要になってきますexclamation
手続をするための事務手続手数料であったり、保証料印紙代団体生命保険料(団信)、あと火災保険料登記手数料などが必要になってきます。

また、住宅購入後にも引越し費用が必要になったり、家具家電の購入exclamation
あと、新しい家に引越すと、同時に欲しくなるのが新車車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ではないでしょうか?(私だけかな^^;)

このように、家を購入した後にも何かとお金が必要になってきますので、諸費用としてある程度の金額は用意しておくことをオススメしたいと思いますひらめき



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


Copyright © 新築住宅購入のメリットやデメリット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。