住宅購入で組むローンは年収の何倍が目安? - 新築住宅購入のメリットやデメリット


   
 

住宅購入で組むローンは年収の何倍が目安?

住宅購入をする場合ほとんどの方が住宅ローンを組まれると思います。
そこで気になるのが、年収の何倍くらいが目安なのかという事exclamation

一般的には、年収の3倍〜5倍と言われています。
これは、家族構成によっても大きく変わってくると思いますので一概には言えないようですが、これくらいであればリスクが少なく借りられる額だと言われています。
何にしろ、希望額の住宅ローンが組めるのかというのが、一番の問題になりそうですけどねふらふら

しかし、家族構成ですが、子供が生まれる前に住宅を購入される方もいらっしゃると思います。
私の家がそうなのですが、こういう場合はこれからの人生設計を考えて住宅ローンを組まないといけないということなのでしょうか?
これには、なかなか難しいところもあり、子供は2人つくると決めていても、実際は1人であったり、3人になってしまう場合もあると思います。

また、現在のように不況になり、将来的に収入が低下する恐れもあると思います。
なので、年収の何倍が妥当なのかの答えは、リスクを考えると低いにこしたことはないと思います

そのためには、住宅購入家をするために頭金としての費用を貯蓄してからの購入になると思うのですが、現在は家を購入するための様々な控除があったり優遇があったりします。
これらの控除や優遇制度は、年々縮小傾向バッド(下向き矢印)にありますがく〜(落胆した顔)
この制度の恩恵を受けるためには、少しでも早く家を購入した方がよいと思うのですが、このあたりで矛盾が生じてきますふらふら

住宅ローンは年収の何倍が妥当なのかに対する回答は、考えれば考えるほど難しいものになってきますあせあせ(飛び散る汗)
なので、本当に一目安としてのとらえ方をするのがよいのかなと思います。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


Copyright © 新築住宅購入のメリットやデメリット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。