新築住宅や中古住宅の市場規模から家選びを考える - 新築住宅購入のメリットやデメリット


   
 

新築住宅や中古住宅の市場規模から家選びを考える

近年、日本の新築住宅ぴかぴか(新しい)家市場規模は不況などの影響、または、人口減少などの影響もあり下落傾向バッド(下向き矢印)にあるようです。
反面、価格の安い中古住宅市場規模増加傾向グッド(上向き矢印)にあるようで、少しでも価格の安く負担の低い物件に人気が集まっているのでしょうか?

また、最近のニュースでは、マンションなどの売れ残りの物件が値段を下げて、格安で販売されているのを見たことがあります。
こうなってくると、いくら新築住宅を購入したいと考えていても、価格の安さに目移りしてしまいますよねふらふら

日本経済は低迷し、大企業が潰れてもおかしくない時代exclamation
こんな経済状況の中、多額の借金を抱えるのを不安に感じることは当然のことだと思います。

そんなこともあり、価格の安い中古住宅や売れ残り、価格の下がったマンションなどを選ぶ方もいらっしゃるのではないかと思います。

今の時代、はたして家選びはどのように考えていけばよいのでしょうか?
私がこれから、家を選ぶ立場だとすると、やはり一戸建てを選ぶのは間違いないと思います
これは、好みの問題ですがあせあせ(飛び散る汗)

市場規模は下落バッド(下向き矢印)していっているかもしれませんが、やはり新築住宅は外せないと思います。
しかし、中古住宅でも近頃では、リホーム技術が進んだのか、テレビでもよく放送されています。

テレビを見ていると、中古住宅を安く購入して、技術のある業者に依頼してリホームするのも悪くないなと考えるようにもなっています。
ただ、一戸建て派の私にはマンションの選択はなく、やはり土地がないとというのがあります。
それに、田舎にはマンションが少ないですからねふらふら


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


Copyright © 新築住宅購入のメリットやデメリット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。