住宅購入の適正価格っていくらくらい? - 新築住宅購入のメリットやデメリット


   
 

住宅購入の適正価格っていくらくらい?

住宅購入適正価格っていくらくらいが妥当なのでしょうか?
私の家で、土地と家の価格がだいたい3500万円前後ですが、これが適正なのかどうかは分かりません!

住宅ローンの組める範囲がこの価格帯だったから必然的にこの価格になったように思います。
家の大きさも、この大きさ以上でないと、この金額は貸せませんよ的なことがあったように記憶しています。

すみません^^; 
なんせ10数年前のことなので、あまり覚えていなくて・・・あせあせ(飛び散る汗)

皆さんは、住宅購入にどれくらいの金額を出しているのでしょうか?
少し調べてみると、家を購入する方の平均年齢がだいたい37歳程度だと書かれているのを見たことがあります。
価格帯は、3500万円前後が一番多かったように感じます。

一番住宅購入する人が多い3500万円前後の価格帯が、適正価格といえるのかどうか分かりませんが、多くの方が出している金額である事は間違いないと思います。
考え方を変えると、収入的にこの価格帯の住宅ローンが限界の方が多いとも考えられないでしょうか

そう考えると、住宅の適正価格ってやはり収入によって変わってくるのではないでしょうか?
年収が500万円の方と年収が1000万円の方では、当然、住宅の適正価格は変わってくると思います。

家は、自分の収入に見合った物件や土地を選ぶのが、適正といえるのでしょうねるんるん



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


Copyright © 新築住宅購入のメリットやデメリット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。